PMSってどうやったら治るの?

月経前になると「ひどい暴言を吐いてしまう」「周囲の人に激しくあたつてしまう」「気持ちが沈んで泣きたくなる」など、月経前症候群のメンタル面の症状が、自分でコントロールできないほど強くあらわれるのを月経前不快気分障害、または月経前不機嫌性障害といいます(PMDD)。月経がはじまればおさまることなのですが、この期間はうつ傾向が強まり、ふだんどおりの生活ができなくなってしまいます。職場や学校での人間関係にも大きく影響が出ることでしょう。イライラするぐらいで病院に行ってもいいのかと思うかもしれませんが、迷わずに婦人科や女性外来を受診しましょう低用量ビルは、避妊薬というイメージがぁりますが、月経痛、過多月経などのほかに、PMSの治療薬としても有効です。低用量ピルは排卵をおさえるので、女性ホルモンの量が月経サイクルによって大きく変動しなくなり、PMSの症状を緩和させることができるからです。PMSの症状は、体にあらわれるものから心にあらわれるものまでさまざまです。

 

悪いところを治すのではなく体全体を整える漢方薬は、こういった多くの不快症状を改善するのにも適しています。「樹枝じ薇導冠」や「ル味み錢齢槻」ヽ「当帰き養蒙灘」ヽ「判ル庸槽溌」ヽ「熙臓概」などがPMSに有効とされますが、その人の体質によっても違ってくるので、漢方をあつかつている病院や薬局で処方してもらうとよいでしょう。PMSは月経のサイクルにあわせてゃってきます。ということは、次の月経がいつくるのかがわかれば、PMSになる時期もわかるわけです。仕事をもっている人は、あらかじめ月経前にタイトなスケジュールを組まないように調整しておきましょぅ。プライベートの予定もほどほどに。疲れがたまると症状を悪化させてしまいます。月経前はいつにも増してゅつたりと過ごせるように、あらかじめ準備しておくことも大切です。