自己診断の危険性

不正出血といっても、排卵のときに起きる「排卵期出血」は心配ないケースがほとんどです。卵胞ホルモン(エストログン)の低下によって少量の出血が起きるもので、排卵期出血はある人もいればない人もいます。ただし排卵期の出血でも、いつまでもダラダラと出血が続いたり、月経と同じ量の出血が続く場合は、排卵期出血ではない可能性があります。自己診断で排卵期出血だから大丈夫だと決めつけずに、婦人科を受診するようにしましょう。妊娠の初期にも出血がみられることがあります。妊娠の可能性がある場合には、流産による出血や子宮外妊娠の出血かもしれません。排卵期出血も含め、不正出血がある場合は、いつ起きたのかを記録しておくことが大切です。とくに月経が不順の人は、月経なのか不正出血なのかわからないことも。

 

それを見極めるには基礎体温をはかるのがいちばんです。月経がはじまると高温期から低温期に体温が下がるので、基礎体温をつけることで月経かどうかの判断ができるはずです。基礎体温表には不正出血のあった日や量などもメモしておくようにしましょう。婦人科の間診で、最終月経や不正出血の詳細は必ず聞かれることです。記録をしっかりつけておけば、受診のときに役立つはずです。なんとなく体の調子が悪い、なんとなく気分がすぐれないといつた女性ホルモン分泌の乱れから起こるたくさんのトラブル。体や心、さまざまな調子の悪さがからみあう、そんな状態に効果が期待されるのが、漢方です。